「Net119緊急通報システム」を令和2年8月1日より開始します。

耳やことばが不自由な方も、スマートフォン等で緊急通報ができるようになります。

「Net119緊急通報システム」は、聴覚や言語機能の障害や疾病等があり、音声による119番通報が困難な方が、GPS機能付き携帯電話やスマートフォン等のインターネット機能を利用して、チャット形式による簡単な操作で119番通報ができるシステムです。

利用できる方は、飯田市・下伊那郡内に居住し、通勤し、又は通学している方で、聴覚・言語機能障害等により、音声による119番通報が難しい人です。

くわしくは こちら から

 

火災とまぎらわしい煙又は火炎を発するおそれのある行為をする場合の届け出について

煙や火炎を発する行為を行う場合、火災と間違われ通報されることがありますので、南信州広域連合火災予防条例第50条に基づき、火災とまぎらわしい煙又は火炎を発するおそれのある行為をされる方は、あらかじめ最寄りの消防署に届け出てください。

〇 届出先   最寄りの消防署

飯田消防署  0265-22-0119 羽場分署  0265-52-0119
伊賀良消防署 0265-25-0119 山本分署  0265-25-1195 龍江分署 0265-27-4911
高森消防署  0265-35-0119 座光寺分署 0265-53-0119
阿南消防署  0260-22-3344 平谷分署  0265-48-2011 和田分署 0260-34-5588

 

〇 届出方法  届出書、口頭又は電話による
・火災とまぎらわしい煙又は火炎を発するおそれのある行為の届出書    PDF版はこちら   WORD版はこちら
・口頭又は電話による場合、上記の最寄りの消防署に届け出てください。

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症についてのご相談は、最寄りの保健所に電話で相談してください。

飯田保健福祉事務所(飯田保健所)0265-53-0435

新型コロナウイルスについては、下記のサイトを参考にしてください。

新型コロナウイルス感染症対策について(長野県)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)
新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

 

mituwosakete

ガソリンを携行缶で購入される皆様へ!

令和元年7月18日、京都市において多くの方が犠牲になられた火災が発生しました。その火災はガソリンをまいて火をつけたとみられていることから、ガソリンを容器で購入される方に対して、身分証の提示による本人確認、使用目的の確認を行うとともに、販売記録の作成を行うこととなりました。ガソリン購入に係るリーフレット

応急手当普及啓発実施要綱の改正について

飯田広域消防本部では、住民の皆様がより講習を受けやすい多様な環境を提供するため、講習時間の分割や

e‐ラーニング受講による講習時間の短縮、受講年齢の引き下げなど、応急手当普及啓発実施要綱を改正します。

新しい講習では、小児、乳児、新生児を対象とした専門性を高めた講習なども実施します。

● 告示「南信州広域連合告示第3号」(PDF)        ★ e-ラーニング受講はこちらから(リンク)

● 主な変更点について(PDF)                ※クリックすると総務省ホームページに移動します。

● 新しくなった救命講習の概要(PDF)

● e-ラーニングについて(PDF)

問合先 飯田消防署救急係 TEL 0265-22-0119