違反対象物公表制度について
 建物を利用しようとする方がその建物の危険性に関する情報を入手し、建物利用の判断ができるよう、消防署が把握した「重大な消防法令違反」のある建物を公表する制度です。
公表の対象となる建物
特定防火対象物
・遊技場、飲食店、物品販売店、ホテル、旅館などの
 不特定多数の方が利用する建物
・病院、保育園、社会福祉施設などの
 ひとりで避難することが難しい方が利用する建物
飲食店

飲食店

宿泊施設

ホテル

診療所

診療所

公表の対象となる違反
消防法で建物に設置が義務付けられている
下記の設備のいずれかが全く設置されていない
重大な消防法令違反
・屋内消火栓設備

・スプリンクラー設備
・自動火災報知設備
屋内消火栓設備

屋内消火栓

スプリンクラー設備

スプリンクラー

自動火災報知設備

自火報

公表の方法・内容
飯田広域消防本部のホームページで「建物の名称」「建物の所在地」「違反の内容」を公表します。
公表している建物
飯田広域消防本部が公表している重大な消防法令違反建物

(令和2年4月1日現在)

令和2年4月1日からの運用となりますので、現在は公表該当の建物はありません。

公表年月日 建物の名称
建物の所在地 違反の内容 管轄消防署
※詳しい内容等についてのご質問は、消防本部予防課又は各消防署予防係までお願いします。